血液サラサラサプリならこれ

 

ドロドロ血液はコレステロールが原因?

 

コレストロールと聞いただけで、「悪いもの」というイメージを持ちがちですが、人が健康的に生活するために、なくてはならない大事な成分です。

 

コレストロールはホルモンを構成している成分の1つであり、筋肉の細胞膜を生成し、脳神経細胞が正常に機能するために重要な働きをするものですから、体内で不足すると生命を健全に維持していく事すらままならなくなります。

 

コレストロールの半分以上は肝臓で生成されます。本体が脂なので、当然ながら水には溶けません。また1人では身動きとれないので、アポタンパクというタンパク質の一種に運ばれて血液中をいったりきたりしています。

 

したがってドロドロ血液の原因であるコレステロールとは、生命維持に欠かせない重要成分であると言うことができます。

 

いくら良いものであっても、コレストロールを受け入れる細胞の容量は決まっているため、取り込めきれなかったコレストロールが血液中を浮遊することになります。そして簡単に動脈壁にこびりつき、やがて細胞壁内部へ染みこんでいきます。

 

これが蓄積されると、壁を押し上げ、動脈内部は少しずつ狭くなっていきます。こうしてアンチ血液サラサラ・動脈硬化は進行していきます。

 

中には、細胞壁内部に染みこんだコレストロールを引き出して、本来の行き先である肝臓まで送り届けるコレストロールも出てきます。

 

細胞内部へ染みこんで動脈硬化を推し進めるコレストロールを悪玉、逆に細胞壁外へ引き出すコレストロールを善玉と呼びます。

 

血液サラサラとはまったく逆のドロドロ血液の原因であるコレステロールとは、この悪玉コレストロールの事を差します。もともとは同じコレストロールです。